RSS

2012年6月13日水曜日

カプコン小野義徳プロデューサー「カプコンは小野を働かせ過ぎ。でも労働組合も無いし、不満を言えば首になる」

「カプコンは小野を働かせすぎ」小野氏が3月の病院事件の真相を海外サイトに告白

ニコニコ動画などでは「小野、見てるか」でお馴染みの小野さんが結構爆弾発言をしたとのことで、気になったので、原文のインタビューを見てみました。


人気ブログランキングへ

The Rise and Collapse of Yoshinori Ono

タイトルの意味は、まんま訳すと、「小野(プロデューサー)の台頭と崩壊」という感じです。「PR guy」と言うのは、日本語で言う「広報・宣伝担当」という感じの意味と捉えてくれれば良いと思います。スト4発売から世界を飛び回って宣伝をした彼の事が綴られています。

"Capcom doesn't allow a trade union or any sort of worker movement you see," he says, giggling. "So if I complain I will probably get sacked. You have to say it for me, OK? I want you to write: 'Capcom overworks Ono'. That's your headline."

「カプコンは、労働組合も(無いし)、(ましてや)労働者運動も許さない。」「私が不満を言えば、恐らく解雇されるけど、(あなたに)是非書いて欲しいよね、タイトルは「Capcom overworks Ono(カプコンは小野を働かせ過ぎる)で。」

本当に言ってます。さて続きを読みましょう。


I shoot the PR guy an apologetic glance. He sighs and looks to the ground. Ono, catching our interaction, turns to him and says, with that impish grin: "Just you wait. It will be you passed out on the floor one day."

"That's not quite true though is it, Ono," I say, when the giggles die down. "I heard that Capcom was eager for you to stay at home for this trip; to take it easy?"

"Whoever told you that is lying," he retorts, his smile shifting down gears to a rare frown.

インタビュアーさんが、小野さんの発言に会社批判のファクターを見出したので、真意を問いただしますが、否定しません。

カプコンは自分が入院していることさえ認識してない上に、会社に戻ってきたら、「心配してたよ」と言いながら、(体に負担の大きいであろう)ローマ行きのチケットと、完全に遂行されるスケジュールが組まれていたことに対して、ある意味、血も涙もないのかという感じの批判をしてるように見受けられます。

ちなみに、全編カプコン批判ではなく、その後の話は、小野さんのウーツについてのトークです。というか、小野さんの半生の話しなんですね。そこら辺も凄く面白いので、また書き起こしてみます。


多分、小野さん、辞めるんでしょうね、ここまで内部批判してるってことは。


【関連】
ゲーム (ショイコむ 内カテゴリ)

小野義徳 (ショイコむ 内カテゴリ)

カプコン小野義徳プロデューサーが人生を語る「雑誌の広告を見てカプコンに入社しました」

カプコン・小野義徳インタビュー・その2「夜中2時まで仕事して、社内で仮眠をとった後、7時に起きてコードを書き始める。」

0 件のコメント:

コメントを投稿