RSS

2012年2月15日水曜日

フジテレビのドラマ「家族のうた」が「パパはニュースキャスター」の丸パクリで脚本家の伴一彦さん大激怒まとめ

人気ブログランキングへ

『家族のうた』と「パパはニュースキャスター」の比較

パパはニュースキャスター あらすじや概要

パパはニュースキャスター - TBS

パパはニュースキャスター - WikiPedia

酒を飲むと記憶が飛ぶ、独身主義のニュースキャスター・鏡竜太郎の元に、12年前に酒の席で口説いた3人の女との間に出来た娘が現れ、いきなり3人の父親になるというコメディドラマである。レギュラー終了後も1994年(平成6年)までスペシャル版が3本制作された。TBSを舞台としている。

3人の娘の名前がすべて「愛(めぐみ)」である。鏡竜太郎は酒に酔って女性を口説く時、“そろそろ身を固めようと思っている。娘が出来たら名前は決めてある、「愛情の『愛』と書いて『めぐみ』、愛に恵まれるように」”と口説くことから。後のお正月スペシャルで、「愛(めぐみ)」は竜太郎が幼い頃生き別れた(竜太郎は死別だと思っていた)母親の名前であることが判明する。


「出典が誰でも編集できるWikiPediaじゃないか」と思われる方も多いので、DVDの裏面にあるストーリーを以下に記載いたします。


テレビ局の看板キャスター・鏡竜太郎(田村正和)は40歳の独身で高級マンションに住み、番組のサブキャスター・米崎みゆき(浅野温子)とは部屋の合鍵を渡すほどの仲。ある日突然、見知らぬ少女が3人、次々と「パパ」と言って竜太郎を訪ねて来た。3人に共通することは「愛情」の「愛」と書いて「めぐみ」と読む名前だった。

「めぐみ」という名前は、酔って口説いた言葉を母親がそのまま名付けたものだ。竜太郎は3人の母親と連絡を取ろうとするが、鈴木愛の母親は他界。大塚愛の母親は失踪していたとわかる。そんな時。西尾愛の母親が竜太郎の前に現れた。そして、愛がほかの男との子供だということが夫にバレたので愛を引き取ってくれと言い出すのだった。

家族のうた あらすじや概要

オダギリジョーがフジテレビ連続ドラマで初主演! 落ちめのミュージシャンがある日突然3人娘のパパに!!!『家族のうた』 - フジテレビ

『家族のうた』の概要 ウェブアーカイブ

主人公の早川正義は超人気ロックグループ「out of justice」のメンバーとしてナンバーワンの人気を獲得、絶頂期にはミリオンセラーを記録し、ルックスも申し分なく、トークも軽妙洒脱、“抱かれたい男ランキング”の1位を獲得する才能とセクシーさを兼ね備えたまさに申し分のない男…だった。が、13年前にメンバーとの喧嘩をキッカケにバンドを解散して以降、世間から忘れられた存在に転落。早朝5時からの30分のラジオ生放送とたまに行うファンイベントだけが彼のレギュラーの仕事の場となっていた。

そんな正義の最大の弱点は今も昔も変わらず酒。弱いのに酒を飲み、酔えば目の前の女性をみさかいなしに口説いてはベッドイン。そして目が覚めれば全く記憶がない…を繰り返す日々だった。過去に栄光は1度手に入れたものの、現在は自分の好きな音楽(ロック)を貫き正義自身はそれなりに満足した生活を送っていた。

そんな正義の前にある日、中学1年生の3人の娘が現れる。

決して世間に知られてはならない3人娘との共同生活がスタートし、3者3様の事情をもった娘達に振り回される日々の中で人として父親として成長していく正義は、やがて大切な何かを見つけ出していく。そんな苦悩と笑いと愛に満ちた熱血ファミリードラマ『家族のうた』を4月からのフジテレビ日曜21時「ドラマチック・サンデー」でお届けする。


パパはニュースキャスターの脚本家、伴一彦さんのツイッター投稿より

https://twitter.com/#!/sacaban/status/169405791462363136

さっき気づいたんですが、こういうドラマやるんですね。どうなの? http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/i/120208-i009.html 最も“家族”というものから縁遠い、落ちめのミュージシャンがある日突然3人娘のパパに!!! ……だって。(もちろん? 私が書くわけじゃありません)

https://twitter.com/#!/sacaban/status/169415178587340801

呆れてます。恥ずかしくないのかなあ、と。偶然の一致というのかな?

https://twitter.com/#!/sacaban/status/169418286486921217

裁判やったら傍聴に来て下さい(^o^)

https://twitter.com/#!/sacaban/status/169604815784128512

「パパはニュースキャスター」は局内含めリメイク話がありますが、田村さんの気持ちや諸事情を考え、八木さんも私も慎重に対応してました。それなのにこういう形でドラマになるとは。再度書きますが、これは法律以前に創り手のプライドとモラルの問題です。


・主人公は格好が良い
・主人公は女にモテる
・主人公は独身
・主人公は今の生活にはそれなりに満足してて、自由を満喫している
・そんな主人公の欠点はお酒
・関係を結んだ女性の間に、娘が3人できる
・何故か同じ歳の娘3人が「同時期に」押しかけてくる
・主人公は有名人なので、子供が居ることがバレてはまずい
・多分、主人公は娘たちに生活を邪魔され、振り回される日々を送る

こんなのよくある設定ですよね?と思って比較記事をなど書いてみましたが、どう見てもアウトです、ほんとうに有り難うございます。バレないようにしようという配慮が一切無くてワロタ。

そしてこういう風に物語が進んでいくのですね、わかります。

・青田洋子(貫地谷しほり)さんに娘たちがバレそうになる
・3人が取り敢えず学校に行かねばならないが、何故か3人とも同じ中学校に行くことになる
・でもって学校でバレそうになる
・食事や生活の為に行くハメになる買い物先で、ご近所さんにバレそうになる
・あぁ、娘どもウゼエエエエエエエエエエエと主人公は思うので、取り敢えず母親を探そうとする。
・母親のうち、一人は死んでて、一人は行方不明で、もう一人は結婚して子供がいる
・母親のうち一人は、育児放棄とか主人公の娘が何らかの理由で邪魔になったので、その事で主人公に悪態をつく
・その事件を切っ掛けに主人公が覚醒して良いパパになっていく


パパはニュースキャスター

(Amazon)
良ければポチっと押してやってください(゚ω゚)→ BlogRanking

0 件のコメント:

コメントを投稿