RSS

2011年5月6日金曜日

ホビロン(ほびろん)とは? その意味と主な使い方 by ネットスラング

最近、twiiterや2ちゃんねるなどでよく目にするようになったこのホビロン。一体何でしょうか?

人気ブログランキングへ

ホビロンとは、ほんとにびっくりするほど論外の略である

ネットのスラング・ジャーゴンとしてのホビロン・ほびろんは、アニメ「花咲くいろは」第3話において、鶴来民子が発言した言葉です。


ホビロンが生まれるまで

さて、この言葉がどういう経緯で生まれたのかというと、考案された経緯を語るには、少しアニメの内容に触れる必要があります。

アニメの主人公である松前緒花は、いろんな理由があって旅館に奉公に出されるのですが、その住み込み先の旅館で同室なるのが、ホビロンの考案者である鶴来民子です。

さて、この鶴来民子。見た目の割に、非常に台詞が棒読み言動がキツく、事あるごとに「死ね」などきつい言葉を発します。そんな中、主人公の緒花から、もう「死ね」等の言葉を言うのを辞めたらどうか?と提案をされます。

そして彼女は以下のプロセスを経て「ホビロン」なる新語を発案します。

「死ね!」は使えない。「ムカツク」では普通すぎる。「近寄るな!」は相手に与える精神的ダメージが低いし、「やっつけられろ!」は意味不明。かと言って、「呪われろ!」は暗すぎる。そんな経緯で生まれたのがホビロンです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
死ね! 以外の言葉               ::|           ホビロン
                                ::|           ̄ ̄ ̄ ̄
・ ムカツク     → ちょっと普通すぎ ...   ::|   ◎アヒルの≠≠しかけた卵
                                ::|         孵化
・ 近寄るな!  → ダメージ少なすぎ...、 ::|    ◎食用
                        か?    ::|
・ やっつけられろ →意味不明?        ::|    ◎気持ち悪い....
                  ,、            ::|
・ 呪われろ!   →...暗っ !?       ::|    ◎生理的にうけつけない
                                ::|          意味もあってるし
              _|\                  ::|           ┌┐
   ホビロン   |_   > (ほ)んとに       ::|            、┘└ッ
         ,、      |/  (び)っくりするほど ::|           \/
  hot vit lon          (論)外!        ::|       丶 l   __l__
                                ::|        ヽ二|ユ  l ┬‐ l
                                ::|          ノ _人_   人.匚__
                                ::|         何 語?
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三人三三三三三三三三三三三三三三三三三


ホビロンの使い方

滅びろ!などいろんな意味があり、主に罵声として使う用途が一般的なのですが、ホビロンが鶴来民子という人物や、花咲くいろはという作品自体を指している事もあるので、文脈なんかで判断をしてみて下さい。

リア充ホビロン!!(=リア充爆発しろ!!・リア充滅びろ!!)
 ※同作品4話で実際に使用されたパターン。合いの手のような感じで、2ちゃんねるなどだとアンカーなどを用いて、「死ね」などの意味で単体で用いられることもあります。

ホビロンはまずストーリーが素晴らしい。そしてシャナと違って(ry
ホビロンペロペロ(^ω^)

 ※ホビロンが、作品・鶴来民子を指している例。前者は「花咲くいろは」という作品の素晴らしさを語っており、後者は鶴来民子が可愛くて仕方がないという感じの意味だったりします。

ラピュタはホビロン
 ※少し意味不明。天空の城ラピュタに出てくるムスカの台詞である「ラピュタは滅びんよ、何度でもよみがえるさ」の一部アレンジで、分かる人には分かるのでおk。


本来の意味は、東南アジアで一般的に食される卵料理

ホビロンとは、東南アジアで一般的に食される卵料理の事です。フィリピン語ではバロット、ベトナムではチュンビロン、中国ではマオダン・スータイダンンとも呼ばれています。なんと、孵化しかけのアヒルの卵を茹でるという簡単なものなのですが、見た目があまりにもグロテスクだったりするので、Google等の画像検索の際には注意をしてください。

バロット - WikiPedia(閲覧注意)

ホビロンをGoogleで画像検索 - 閲覧注意


良ければポチっと押してやってください(゚ω゚)→ BlogRanking
花咲くいろは

(Amazon)

0 件のコメント:

コメントを投稿