RSS

2010年12月14日火曜日

池上彰さんが子供たちにお勧めの本のまとめ+池上彰が語る「子どもが本を読む為に、親であるあなたがしなければならない唯一のこと」

 2010年12月14日放送分にて、池上彰さんが子供たちにオススメの本を紹介するという企画がありましたが、この企画の放送をよく見ると、実は、親世代への提言的な内容になっていました。

 Amazonの本の売上やビジネス書は意外にも伸びているのですが、その反面、本を読まない大人の割合は、数年前と同じく「月に1冊も読まない」という人が半分以上を占めており、そして悲しいことに、この洪水のような情報過多世界の中で、子供たちの本離れもまた顕著です。それに対して池上さんが語ったことにいつもどおり自身の意見とかを加え、氏の勧める本をまとめました。


池上彰が少年時代に夢中になった本

宝島 (岩波少年文庫)

(2000/10/18 - Amazon)

ガリヴァー旅行記 (岩波少年文庫)

(2000/10/18 - Amazon)

ニルスのふしぎな旅

(Amazon)

最後のひと葉

(Amazon)

透明人間

H.G. ウェルズ (著)
(Amazon)

二十四の瞳

(Amazon)

池上彰が少年時代に世界に目を向けるキッカケになった本

何でも見てやろう

小田 実 (著) (1979.07.11 - Amazon)

 アメリカに留学した著者が、帰る際にまっすぐ家に帰らず、世界のあちこちを見に行こう、という思いから実際に貧乏旅行をした体験談です。発売されたのは、1961年と、随分昔なのですが、冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行」とおなじく、今なお色褪せないその体験談です。


深夜特急

(Amazon)
沢木 耕太郎 (著)

 インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く―。ある日そう思い立った26歳の1年に渡る放浪小説で、バックパッカーのバイブルとも言える作品です。1986年5月に発売されるやいなや大ヒットとなり、今なお多くの人をいろいろな意味で魅了する作品です。


池上彰が夢中になった絵本

ちいさいおうち

バージニア・リー・バートン(著)
(Amazon)

ひとまねこざる

H.A.レイ (著)
(Amazon)

子どもが本を読むために、親である貴方がしなければならないことはただ一つだけ

「自然に(子供たちが本を)手に取るという環境をつくっていくことでしょうね。そのためには、まず親が本を読むことですよ。」

 やはり親が本を読まなければ、子は本を読みません。「犯罪者の子供は高い確率で犯罪者になる」というほぼ証明された悲しい現実もあるわけですが、ようは、親の影響がものすごく強いわけです。

 子どもに勉強しろというのなら、親である貴方がその姿勢を示さねばなりません。口だけの人間は、会社の使えない上司だけで十分だと思います。お前らわかってるだろうな??ボクはわかりません。

 個人的におすすめなのが、本田直之さんの「レバレッジ・リーディング」です。忙しい大人の方向けの本の読み方や選び方などが詳しく掲載されています。今読んでも十分通じる内容です。

レバレッジ・リーディング

本田直之 (著)
(2006.12.01 - Amazon)

池上彰から子どもたちへ 本を読むコツを教えます

 では、「本を読みたいんだけど・・・」という子供の方へ。こんなサイトを見てるとは思いませんが、池上さんはこう言っています。

池上彰「つかみが大事なんです」

 最初に本を読んだ時、「あ、面白いな」と思うなら、いくら貴方が本が苦手だと言っても、その本にグイグイ引きこまれていきます。かつて、15少年漂流記を読破したのび太君のように。

 では、その「つかみ」をどうしたら良いか?池上さんはこう続けます。


1.表紙買いをしても良いんだよ!!

 別に表紙で選んでもいいのです。恥ずかしいことはありません。勇気を持って本を手にとってください。

 ちなみに管理人は過去あだるつなDVDを表紙で買ったり借りたりをしますが、8割は空振りです。

2.挿絵や中のイラストで選んでも良いんだよ!!

 好きなイラストレーターが挿絵を書いている。そんな理由から本を読むのも、つかみとしては有効だと語ります。

 ちなみに、若かりし頃の管理人のライトノベルの選定基準は、挿絵がエロイかどうかでした。

大事なのはページをめくっていくこと

 池上さんが強調されていた点は、「手にとってページをめくること」です。映像に於いても紹介されている本は必ずと言って良いほど手にとってページをめくっていました。この事が本を読む一番大切なことなんだと、改めて感じた次第です。

 ちなみに管理人は非モテなので子供なんかできません。クリスマス??イブは金曜日???なにそれ。


伝える力

池上 彰 (著)
(2007.04.19 - Amazon)
ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿