RSS

2010年11月10日水曜日

かつてTVで放送されていたスポーツのニッチ化

長いことスポーツ系のサイトを運営してるから思うのだが、スポーツファンはスポーツというものが非常にマニア向けになってきた、ということを認識していないことが多い。

このあたりの認識は、ネチズン、いわゆる2ちゃんねらーさんの方が認識度が高い。スポーツ自体はもはやニッチな娯楽なんだよね。

で、「スポーツ」と大きく括ると、スポーツの人気はむしろ上がってるんだけど、ボクは、今ユーザーが増えているスポーツは、「医学的・健康的側面が強い」ものなので、スポーツというより、医療に近いと思ってる。

ランニング、サイクリング。自分の体の維持のためのものだね。これは野球やサッカーの人気回復に役立つかというと・・・余り役に立たない。これは間違いない。だって、自分のための投資な訳だからね。

近い将来、一人でもできる娯楽、まぁアニメ鑑賞やらゲームんんかがそうだけど、そういうもの以外は全てニッチなものとして扱われるんだろうなぁ。だってめんどうだもんね



ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿